SINCセラミック 
技術

DT Swissでは、ディテールへのこだわりが違いを生むと考えています。SINCセラミックボールベアリングは、こうした細部へのこだわりを極めたパーツです。SINCをアップグレードしたDT Swissのホイールを使用すれば、ディテールの最適化により、フィールドでは誰よりも先に走り、自己ベストを更新できるでしょう。

最高品質のベアリング技術

DT Swiss 1100ホイールすべてに採用。転がり抵抗の低減、長期間の耐久性というメリットが得られます。

SINCセラミックボールベアリングは、DT Swissによってシステムとして開発されました。極めてタフで、耐摩耗性と耐腐食性に優れたセラミック材料である窒化ケイ素(Si3N4)製のボールがベースです。ベアリングリングは、使用したセラミック材料の特性に適合する特別開発のスチール合金製で、高精度で研磨されています。この組み合わせが転がり抵抗を最小限まで低減し、従来のボールベアリングよりも優れた耐久性を保証します。しかし、システムと見なされるのはベアリング自体だけではありません。数千分の一ミリの公差を使用し、DT Swissのハブベアリングシートの公差を精密に調整することではじめて、SINCセラミックベアリングがその潜在能力を発揮し、競合製品に対して決定的な優位性を示すことができます。

DT SWISSのハブとSINCセラミックを使用するメリット

取り付け時にも、セラミックボールとベアリングリングの間の最適な距離(クリアランス)が確保されます。これにより、最小限の転がり抵抗が保証され、ベアリングの摩耗が防止されます。

セラミックベアリングとスチールベアリングリングの組み合わせ(ハイブリッドベアリング)では、ボールとリングの間で腐食が生じる可能性がゼロであるため、寿命が大幅に改善されます。ベアリングリングは極めて硬質なボールにより恒久的に平滑化されるため、最小限の転がり抵抗が恒久的に続きます。

ボールを所定の場所に保持するベアリングケージは、セラミックボールの素材に理想的に適合した材料で構成され、ベアリングのサイズごとに特別に開発されています。 

これにより、ボールとケージが完璧に適合し、ベアリングの摩擦をさらに低減します。

高品質なSINCセラミックベアリングのシーリングシステムは、あらゆる条件下で理想的な動作と最小限の摩擦を保証します。その方法をご紹介します。シーリングリングは外側でのみ使用され、内側では保護リングのみが使用されます。シールシートは、シールの完璧な同心度が得られるように高精度で研磨されており、それによって最小限の転がり抵抗を実現しています。これは他に類を見ない技術であり、SINCセラミックベアリングでのみ使用されています。

DT Swiss SINCベアリングは一つひとつ個別に検査を行っています。

最高速度

再生