Ratchet技術概要

すべてのラチェットにそれぞれ目的があります。各種のDT Swissフリーハブシステムをご覧ください。

Ratchet Systemはそれぞれに独自の特徴がありますが、それらすべてが当社を象徴する信頼性を備えています。歯が同時にかみ合い、点荷重が非常に小さくなることで、この信頼性を実現しています。それぞれの構造の違いや、共通する特徴についてご覧ください。

使用箇所

使用箇所

Ratchet EXP

Ratchet EXPはDT Swissの最軽量のフリーハブシステムです。そのため、DT Swissの中でも最高仕様の製品で使用されています。

ratchet exp os

ラチェットEXP OSは、DT Swissの最軽量ハイブリッド・フリーハブ・システムで、ハイエンドの240ハイブリッド・ハブに搭載されています。

Ratchet

Ratchet Systemは、このタイプのフリーハブシステムとしてはDT Swissの初めての製品でした。実績あるこのシステムは、ミッドレンジのDT Swiss製品で使用されています。

Ratchet LN

Ratchet LNはDT SwissのエントリーレベルのRatchet Systemであり、低価格帯の製品で使用されています。Ratchet LNはポールフリーハブシステムの代替品です。

フリーハブシステム

フリーハブシステム

Ratchet EXP

Ratchet EXPでは、ラチェットとネジ付きリングを統合することで、システム重量が低減するため、必要な単一部品の数が少なくすみます。 ガイド付きバネ1つのみを使用して、正確なかみ合いを保証しています。Ratchet EXPの紹介。

ratchet exp os

ラチェットEXP OSは、ラチェットEXPシステムの利点はそのままに、オーバーサイズのベアリングと大きなスレッドリングを採用し、eMTBのより高い負荷に対応しています。ハイブリッド・ハブにも採用されているラチェットシステムと比較して、ラチェットEXP OSは、より軽く、より正確です。ラチェットEXP OSを知ってください。

Ratchet

Ratchet Systemは、ラチェットの適切な位置合わせのために2つの円錐バネを使用します。Ratchet EXPよりわずかに重量があります。 Ratchetの紹介。

Ratchet LN

Ratchet LNは、Ratchet Systemと同じ内部パーツを使用します。違いは、フリーハブボディ上に配置されるフリーハブシステムシールです。 Ratchet LNの紹介。

フリーハブボディ

フリーハブボディ

Ratchet EXP

Ratchet EXPフリーハブボディはマット仕上げです。2種類のバージョンがあり、180ハブではセラミックベアリング、240ではスチールベアリングを使用しています。Ratchet EXPフリーハブボディはシールがハブシェル上に配置されるため、それ自体にシールはありません。

ratchet exp os

ラチェットEXP OSフリーハブボディは、すべて特定のスチールで作られており、素材の強度と耐疲労性が向上しています。ラチェットEXP OSフリーハブボディは、ハブシェル上にシールがあるため、シールがありません。このフリーハブボディは、青い製品名が書かれているので簡単に識別できます。

Ratchet

Ratchet Systemハブのフリーハブボディは光沢仕上げで、シールはハブシェル上に固定されるためそれ自体にシールはありません。

Ratchet LN

Ratchet LNフリーハブボディには、他のシステムとは異なりフリーハブシステムシールがあります(370ハブボディにシールがないため)。このため、ポールハブからRatchet LNに変換することができます。

ベアリング距離

ベアリング距離

Ratchet EXP

ベアリングの距離はフリーハブシステムのサイズによる制限を受けます。駆動側のベアリングをRatchet EXPフリーハブシステムのネジ付きリングに統合することで、ベアリング距離が増加し、その結果軸の剛性が15%向上しました。システムをなるべく軽量化するため、軸の中央を追加工しています。

ratchet exp os

ラチェットEXP OSは、ドライブ側のベアリングをスレッドリングに組み込むことで、ラチェットEXPと同様に15%のアクスル剛性の向上を実現しています。アクスルはFEMを用いてさらに強化されており、eMTB特有の負荷がかかった際のテンションピークを抑え、より良い応力分布を実現しています。

Ratchet

RatchetおよびRatchet LNシステムでは、駆動側ベアリングがネジ付きリングの隣に配置されるため、Ratchet EXPシステムと比べてベアリング距離が狭くなります。Ratchet SystemおよびRatchet EXPハブの軸は、重量を減らすために追加工しています。

Ratchet LN

Ratchet LNコンポーネントの配置は、Ratchet Systemの配置と一致しています。ただし、軸に違いがあります。Ratchet LNの軸は加工がないため、生産は少しシンプルになりますが、システムの重量は重くなります。

かみ合い

かみ合い

Ratchet EXP

Ratchet EXPシステムのラチェットには36個または54個の歯があります。クラシックなRatchet Systemとは、ルースラチェットにストレートなバネ用のシートがある点が異なります。Ratchet EXPではラチェットとネジ付きリングが統合されたため、使用するバネが1つだけになり、パーツの数も減少しています。その結果、フリーハブシステムも軽量化されています。

ratchet exp os

ラチェットEXPシステムをベースにしたラチェットEXP OSは、部品点数を減らすことで、システムの軽量化とメンテナンスの容易さを実現しています。より精密なシステムにより、歯数を30に増やし、噛み合わせの角度を小さくすることができ、モーターによるクランクの自由な動きにわずかに有利になっています。

Ratchet

Ratchet Systemを搭載したハブを構成するラチェットには、36個の歯があります。歯は18、24、36 SLおよび54 SLに変更できます。「SL」とはSuper Lightの略であり、ラチェットを軽量化するため追加工していることを意味します。

Ratchet LN

Ratchet Systemハブで使用されるラチェットには18個の歯があります。これらは24、36 SLおよび54 SLに変更できます。「SL」とはSuper Lightの略であり、ラチェットを軽量化するため追加工していることを意味します。