INCONTROL FORK
技術

オンザフライのダンピング調整

コンプレッションダンピングは、異なるチャンネルを通って流れるオイルの量によって定義されます。チャンネルが小さいほど、流れ抵抗が大きくなり、ダンピングも強くなります。INCONTROLダンピングには3種類のオンザフライのダンピング調整機能があり、さまざまなチャンネルを開閉することで、すべての走行状況に合わせて完璧なコンプレッション調整が可能です。

INCONTROLの詳細仕様

OPEN モードでは、低速コンプレッション(LSC)チャンネルおよび高速コンプレッション(HSC)チャンネルをオイルが流れます。OPENモードでは感度が高く、多くのトラクションが得られます。あらゆる好みに対応するため、調整針を使用してLSCチャンネルを段階的に閉じることができ、それによってLSCを増やし、より硬い感触を得ることができます。

DRIVEモードではLSCチャンネルが閉じます。すべてのオイルがHSCチャンネルを通ります。一定の力がかかるとHSCのシムが開き、その結果コンプレッションダンピングが増加してエネルギー損失が減りますが、凸凹した岩の多い上り坂でのトラクションは維持されます。

LOCKモードに設定すると、スライダーがLSCチャンネルとHSCチャンネルを閉じます。最大の動力伝達が重要になる、平坦な道路での全速力での走行に理想的です。ブローオフバルブがライダーと機材を想定外の衝突から保護します。