トポロジー
技術

トポロジー最適化

F 232 ONEは、トポロジー最適化設計により、剛性重量比の新しいベンチマークを設定します。トポロジー最適化とは、特定の荷重セットや制約に対して、設計空間内で材料の配置を最適化する手法です。この手法では、不要と判断された材料が排除されるため、剛性と重量の間の理想的な比率が実現し、システムのパフォーマンスが最大化されます。

剛性重量比のベンチマーク

最大限のパフォーマンスを保証するために検討すべき最も重要な要因は、ねじり剛性と曲げ剛性の2つです。ねじり剛性は、フォークの精密な感度を保証します。曲げ剛性は、ブッシングでスタンションが傾かないようにするために必要であり、それによって優れたパフォーマンスを保証します。

232 ONEのパフォーマンスを最大化するため、目標となる剛性および強度が、経験、選手からの情報、ラボおよびフィールドの両方で収集したデータに基づいて定義されます。その後、トポロジー最適化により重量が最小限に抑えられます。