hybrid upbuilt

E-BIKEライダーが必要とするコンポーネントを提供するというDT Swissのミッションは継続され、今ではさらに幅広いものとなっています。

私たちにとってのハイブリッドとは?

電動アシスト自転車とその用途は進化し、多様化しています。標高の高い山の中、トレイルのテープの間、険しい道の山登り、街中で荷物を積んだ車の間を縫うように走るなど、自転車とその期待は同じではありません。 このようなe-bikeのカテゴリーの拡大には、コンポーネントの適応が必要です。ハイブリッドコンポーネントの多様化の先駆者であるDT Swissは、そのハイブリッドレンジをUPBUILTしました。 ハイブリッドUPBUILTは、電動アシスト自転車に対するユーザーの新しい要求に応えます。

より深く掘り下げるためにハイブリッドカテゴリーを選択

hybrid mtb ls

詳細はこちら
詳細はこちら

hybrid mtb

詳細はこちら
詳細はこちら

hybrid utility

詳細はこちら
詳細はこちら

ハイブリッドテストの拡大

信頼できるライディング

長年の経験を誇るDT Swissは、テストに関する知識も豊富です。専門家のグローバルなネットワークを通じて、DT Swissは数多くのプロトタイプを製作する能力があり、実験室でのテストに関して明確な優位性を持っています。これらのテストは、フィールドやライフサイクル全体でホイールが耐えなければならない状況にできるだけ近づけるために行われます。最先端の技術を備えた当社の試験施設と試験方法が、当社製品の高い安全性と性能を保証するための重要な鍵となります。また、実環境での挙動を綿密に調べるために、長期にわたる数多くのフィールドテストも必要です。

ハイブリッドホイール

eバイクは一般に従来のバイクに比べてシステム重量が大きいため、負荷が高くなる傾向にあります。さらに、より少ない労力で長距離を走行することができるとともに、力強い加速を可能にし、高いトルクを実現します。そのため、DT Swissは、関連するASTM条件の適用範囲に基づいて、ハイブリッド専用のテスト要件を設けています。DT Swissのハイブリッド ホイールは、DT Swiss社内テスト基準に定められた一連のテストに合格しなければなりません。適用されるテスト方法は、他のホイール製品と比較して、より高い負荷とより多くの負荷サイクルを考慮しており、厳しい走行条件の下で十分な強度と耐久性を確保しています。

ハイブリッドハブ

システムの重量が増加し、eバイクにライディングする時の負荷サイクルが増加することで、ハブにかかる負荷も高くなります。重いeバイクを短時間で始動させるには、駆動力をさらに必要とするため、場合によっては高い駆動トルクが必要です。また、再び速度を落とすと、システム重量が増えるため、ブレーキトルクも高くなります。新しいハイブリッドハブはこうした特定の要求に応えるために最適化されています。

ハイブリッドスポーク

走行中の自転車の車輪にはさまざまな負荷がかかります。スポークの場合の最も一般的な負荷は引張力です。使用中のホイールが1回回転すると、各スポークはさまざまな変化する張力を受けます。このようなスポークに対する負荷の増加は、主にホイールにかかる半径方向の力の増加、駆動トルクと制動トルクの増加によって起こります。ハイブリッドホイール固有の高い要求に応えるため、DT Swissのハイブリッドスポークはヘッド径を強化し、従来のスポークと比較して30~45%の引張強度を実現しています。

 

ダニエル・ベルガー チーフ・プロダクト・オフィサー

ハイブリッド革命

『電動アシストバイク用の最初のホイールシリーズを発表してから数年が経ちました。コンポーネントも、バイクの革新に伴って多様化する用途に対応するために著しい進化を遂げています。DT Swissでは当初からeバイクに対する情熱を技術革新の原動力とし、ホイールをユーザーのニーズに合わせることを目標としてきました。』

ニルス・ヴァーホーベン
プロダクト・マネージメント・マネージャー ホイール&コンポーネント

ハイブリッドの進化

『DT Swissの目標は、ハイブリッド・コンポーネントに関しても変わりません。新しい特性とユーザーの挙動に沿うeバイク用ホイールを開発することです。ハイブリッドホイールの新シリーズは、ユーザーのニーズに的確に対応し、品質、信頼性、高性能をさらに高めています。』