子会社

DT Swiss - グローバル企業

新しい製造施設への投資によって、製品ポートフォリオは拡大を続けています。約900名の社員が、世界中でトップクラスの製品の開発、製造および販売に従事しています。一貫した高い製造基準と伝統のスイス品質を保証するため、すべての拠点でスイスで使用されているものと同じ機械を使用しています。

スイス、ビール

25年以上前にスイスのビールに設立された、社員約30名のこの小さな会社は、世界的に有名なグループへと成長を遂げました。2011年には、ビールの工業団地にある新しい施設に会社を移転しました。モダンなオフィスと広々とした製造施設は、高品質な製品の開発、製造および販売にうってつけの条件でした。この本社施設で、グループが世界中で展開する事業を統括しています。

アメリカ、グランドジャンクション

1996年に、アメリカのコロラド州にあるグランドジャンクションで、子会社のDT Swiss Inc.が創業しました。専用のスポーク製造施設と、営業およびマーケティングチームは、重要な北米市場で事業を展開する足掛かりとなりました。何度かの施設の拡張を経て、現在では同社独自のホイール組み立て部門とサービスセンターを構えています。活動の拡大により新たな雇用が生まれ、2021年には最新のインフラを備えた広々とした新社屋に移転しました。

台湾、台中

2005年に新しい子会社として台湾で創業されたDT Swiss Asia Ltd.は、世界の自転車の大半が製造されているアジア市場においてグループの存在感を高めるための重要な戦略的ステップでした。柔軟性を高め、納期短縮を実現するため、2010年には専用のスポーク製造施設が稼働を開始しました。台中の製造拠点は急速な拡大を遂げ、より多くのDT Swiss製品を製造するだけでなく、アジア市場のホイール組み立ておよびサービスセンターになりました。組織の急成長に対応し、生産能力の拡大を目指すために、2018年にDT Swiss Asiaは台中の新しい近代的施設に移転しました。近代的なインフラを完備したこの施設で、アジア太平洋市場向けの製造、物流、調達、営業、マーケティング、サービスのさらなる統合が実現しています。

ポーランド、オボルニキ

DT Swiss Polska Sp, z o.o.は、欧州に競争力のある製造施設を確立することを目的として、2007年に設立されました。2010年に、この近代的な工場は欧州サービスセンターと統合・拡張されました。DT Swiss PolskaがDT Swissグループの成功にとって重要な要因となるのに時間はかかりませんでした。拡大し続ける需要に対応するため、既存の建物を2016年に再度拡張し、生産能力が増加しました。

フランス、ル・バール=シュル=ルー

2007年、フランス、スペイン、ポルトガル、およびイタリアの市場を担当するDT Swiss France SASが設立されました。常に成長を続ける製品ポートフォリオと、短納期に対する市場の要望を受け、設立当初の拠点では手狭になってきました。2015年秋に、同社は広々とした新しい拠点へと移転しました。近代的なサービスセンター、ショールーム、倉庫、物流設備、事務所や営業所も完備しています。

ドイツ、エルデ

2010年、DT Swissはヨーロッパの中心地にもう一つの会社、DT Swiss Deutschland GmbHを設立しました。ノルトライン・ウェストファーレン州にあるこの会社では、専門の販売・マーケティングチームとサービスセンターチームが、ヨーロッパのお客様をサポートしています。市場の需要拡大に対応するために、新たな雇用が創出され、スペースの必要性が高まっています。そこでDT Swissは、最新の要件を満たす新社屋への投資を決定しました。2020年秋、DT SwissはOeldeにある広々とした工業用ビルに移転します。このビルには、明るくフレンドリーな職場に加えて、顧客イベント、トレーニングコース、ショールームも用意されています。