もう一度再生

摩耗の減少

もう一度再生

1つの円筒形のスプリングを使用することで、システムの摩耗が少なく、より早く完全に噛み合わせることができます。

詳細はこちら

ラチェットEXPシステムをベースとしたラチェットEXP OSは、ネジ付きリングをラチェットと一体化させることで、ラチェットとハブを接続します。これにより、1つのスプリングを使用することができ、ラチェットが常に正しい角度になるため、噛み合わせの精度が向上します。

卓越した信頼性

もう一度再生

30Tのフルエンゲージメントにより、モーターとライダーが生み出す力を広い接触面積で均等に伝え、優れた信頼性を実現しています。

詳細はこちら

ラチェットEXP OSでは、従来のシステムと比べて歯数が24から30に増え、噛み合わせの角度が小さくなります。モーターの影響でクランクがある程度自由に動くeMTBでは、これはわずかな利点になります。システムの信頼性を確保するために、ラチェットはスチール製で、摩耗を減らして耐久性を向上させています。

より大きなスレッドリング

もう一度再生

より大きなダブルスレッドは、より大きな面積で荷重を分散させ、ピーク荷重を軽減し、システムの長寿命化に貢献し、さらにはより大きなトルクを伝達することができます。

詳細はこちら

(+)ラチェットEXP OSダブルスレッドの表面は、通常のラチェットEXPスレッドよりも11%大きくなっています。二重ねじとは、ねじの始まりが2つ、ねじ山が2つあることを意味します。したがって、1回転で、2つのネジ山を持つネジは、1つのネジ山を持つネジの2倍進みます。

大径ベアリング

もう一度再生

より大きなボールを使用したベアリングは、高速で回転し、eMTBからの追加のアキシアル荷重とラジアル荷重をよりよく吸収します。

詳細はこちら

eMTBでは、より大きな負荷がかかるため、新世代のハイブリッドホイールでは、240EXP MTBハブよりも大きなボールベアリングを採用しています。大きなボールベアリングは、より広い範囲で荷重を分散させ、摩耗を少なくします。

purpose-built Axle

もう一度再生

FEMによる車軸の強度解析を行い、eMTB乗車時に発生する曲げ荷重を把握し、車軸の抵抗を最適化しました。

詳細はこちら

FEM解析では、特定の荷重条件下でアクスルの構造をシミュレートし、アクスルに発生する曲げ荷重の位置を特定することで、アクスルの最適化を実現しました。この位置を特定した後、ボールベアリングエリアという適切な場所に材料を追加することで、この荷重をアクスル全体に均一に分散させることができます。

ratchet exp os

ratchet exp os

新技術「ラチェットEXP OS」が搭載されています。

HXC 1501 SPLINE® ONE

  • セット当たり希望小売価格(米国$) 最低:$ 2238
  • セット当たり重量 以降 1786 g
製品を見る

関連技術

かみ合い角度
技術

詳細はこちら

ratchet
 技術

詳細はこちら