INCONTROL SHOCK
技術

オンザフライのダンピング調整

Incontrolは、HSCチャンネルとLSCチャンネルを開閉することでオイルの流量を調整し、それによってコンプレッションを調整します。このため、あらゆる走行状況に設定を適合させることができます。3段階のオンザフライのダンピング調整により、完璧なコンプレッション調整が実現します。Openモードは上り坂に、DRIVEモードはテクニカルなアップヒルに、LOCKモードは平坦な道での全速力に最適です。

INCONTROL

INCONTROLダンピングシステムは、最先端の双方向低速&高速システムに基づいています。ゆっくりとしたコンプレッション動作の間、オイルは無調整式の低速コンプレッション(LSC)チャンネルを通ります。素早いコンプレッション動作時には、オイルは高速コンプレッション(HSC)バルブのオイルチャンネルも通ります。

OPENモードでは、オイルは低速コンプレッション(LSC)チャンネルおよび高速コンプレッション(HSC)チャンネルを流れます。OPENモードでは感度が高く、多くのトラクションが得られます。

DRIVEモードでは、すべてのオイルがHSCチャンネルを通ります。一定の力がかかるとHSCのシムが開き、その結果コンプレッションダンピングが増加してエネルギー損失が減りますが、凸凹した上り坂でのトラクションは維持されます。

LOCKモードに設定すると、バルブがLSCチャンネルとHSCチャンネルを閉じます。最大の動力伝達が重要になる、平坦な道路での全速力での走行に理想的です。ブローオフバルブがライダーと機材を想定外の衝突から保護します。