好きなコンポーネントが選べたら、どのようなホイールを作りますか?

私たちはこの質問を自らに問いかけ、マウンテンバイク愛好家がカスタムホイールを作る際に使用するコンポーネントについて詳しく調査しました。

アロイリムのベンチマーク

市場の動向や各種調査から、マウンテンバイク愛好家のほとんどはカスタムホイール作りにアロイリムを選んでいることがわかりました。DT Swissのリムは、その軽量さ、高い品質と強度に定評があります。現在、最高クラスのアロイリムはすべて溶接で作られており、当社のアロイリムも同様です。負荷を広い面積に分散させる当社独自のPHRニップルスポークインターフェースワッシャーと組み合わせることで、肉厚を減らすことができ、回転質量を低く抑えています。各種用途での要件を満たすために、個別のリムプロファイルを開発しました。

XR 391

当社のクロスカントリー製品ポートフォリオの主力製品であるXR 391は、素早く加速するホイールを目指して開発されました。そのために軽量さを重視し、リム内側の幅を25 mmとしています。これにより、慣性モーメントが低くなります。

XM 481

XM 481はオールマウンテンリムです。重さと耐久性のバランスが取れた、30 mm幅のアロイリムの開発を目指して生まれました。EX 511と同じく、XM 481はASTMランク4と評価されていますが、その最大システム重量は10 kgも軽い120 kgです。この違いは、わずかに薄くしたサイドウォールによるもので、約50 gの軽量化により効率的な加速を実現します。

EX 511

EX 511は最も頑丈なリムの1つです。これは溶接接合だけが理由ではなく、特別に開発されたリムプロファイルにも秘密があります。このリムは現代のエンデューロレース向けに設計されています。また、本来の開発目的とは異なるものの、最速のダウンヒルレーサーがレースにこのリムを使用する場合もあります。つまり、EX 511はとにかく強いということです。30 mmの内幅は、人気のある同シリーズのEX 471よりも広くなっています。

防弾ハブ

ホイールの中心部であるハブに関して言えば、選択基準は非常に明確です。信頼でき、軽量でメンテナンスが簡単であること。DT Swissのハブはこれらすべての要件を満たしています。カスタムホイールで最も多く使用されるハブの1つが、有名な240のDNAを引き継ぐDT Swiss 350です。

350 ハブ

DT Swiss 350は、当社の有名なラチェットシステムを搭載しています。このラチェットシステムのハブが他と異なるのは、2つのラチェットのすべての歯が同時にかみ合い、広い接触面が生まれることで大きなトルクを伝えることです。前面全体がかみ合うため、点荷重が非常に小さくなります。その結果、ラチェットシステムの驚異的な信頼性が生まれます。 
ノーツール(工具を使用しない)コンセプトから生まれたこのハブは、メンテナンスがしやすく、フリーハブボディは工具なしで変換できます。 
新しい1700 SPLINEでは、350は36T Ratchet SLシステムにアップグレードされました(SLとはSuper Lightweightの略で、削り出しラチェットによって軽量化を実現したことを意味します)。かみ合い角度が10度に低減され、これが信頼性、重量、力の伝達に関して絶妙なポイントとなっています。 

スポーク

DT Swissのスポークは、何十年にもわたり多くのカスタムホイールビルダーから信頼されてきました。DT Swissには、軽く弾性の高いスポーク作りの長年の経験があります。最も有名なスポークの1つは、DT Swiss Competitionスポーク2.0/1.8 mmです。

DT Competition

コンペティションスポークは、DT Swissのスポークラインナップの中で最も汎用性の高い製品です。DT Competitionは、特殊な冷間鍛造工程によってその特別な強さを獲得しています。DT Swissが開発した特許取得済みのこの工程は、スポークの直径をダブルバテッド加工する際に使用されます。振動するハンマーをワイヤーの周りで回転させることで、
スポーク材料が圧縮され、直径が小さくなります。この冷間鍛造工程は材料を硬化させると同時に、良好な延性も確保します。その結果、接合部分が細くなることで軽量化が実現し、ヘッドとスレッドが強固になるため、耐久性が高いスポークが生まれました。極めて高い耐久性が得られるだけでなく、中央部が細いことから、直径が一定して2.0 mmのスポークよりも軽量です。 

手作業で組み立て

信頼できるホイールを作るには、信頼できるコンポーネントだけでは足りません。最後の手順が仕上がりを左右します。
ホイールをどのように構築するかが、高品質なコンポーネントから高品質なホイールが生まれるための鍵となります。

DT Swissが開発するすべてのホイールと同じく、1700 SPLINEは手作業で組み立てられます。現在でも従来のホイール製造機械では決して達成できない最高水準の精度と最小限の公差で、毎週数百ものホイールが、スイス、ポーランド、アジア、アメリカで手作業で組み立てられています。

これで何を作る?

the New
1700 spline

Make your choice!

XR 1700 SPLINE®

  • セット当たり希望小売価格(米国$) 最低:$ 886
  • セット当たり重量 以降 1672 g
製品を見る

XM 1700 SPLINE®

  • セット当たり希望小売価格(米国$) 最低:$ 886
  • セット当たり重量 以降 1748 g
製品を見る

EX 1700 SPLINE®

  • セット当たり希望小売価格(米国$) 最低:$ 886
  • セット当たり重量 以降 1878 g
製品を見る