modules.ep_teaser.buttons.buttons もう一度再生

232 ONE PLATFORM

クロスカントリーの限界をさらに押し広げる設計。パフォーマンスと重量のベンチマークを定義。

232 ONE PLATFORM 
クロスカントリーの限界をさらに押し広げる設計。パフォーマンスと重量のベンチマークを定義。

Discover the F 232 ONE

F 232 ONE
 

F 232 ONE
 

F 232 ONEでは、トポロジー最適化した下部構造により剛性重量比のベンチマークを実現します。重量は1,480gから、トラベル量は100~120mmです。クロスカントリーに最適化されたLINEAIRスプリングカーブと3点INCONTROLダンピングを組み合わせたF 232 ONEは、表彰台やキングオブマウンテンを目指すアスリートに最適です。

Topology Optimization

トポロジー最適化

もう一度再生
製品に戻る

トポロジー最適化

F 232 ONEは、トポロジー最適化設計により、剛性重量比の新しいベンチマークを設定します。トポロジー最適化とは、特定の荷重セットや制約に対して、設計空間内で材料の配置を最適化する手法です。この手法では、不要と判断された材料が排除されるため、剛性と重量の間の理想的な比率が実現し、システムのパフォーマンスが最大化されます。

剛性重量比のベンチマーク

最大限のパフォーマンスを保証するために検討すべき最も重要な要因は、ねじり剛性と曲げ剛性の2つです。ねじり剛性は、フォークの精密な感度を保証します。曲げ剛性は、ブッシングでスタンションが傾かないようにするために必要であり、それによって優れたパフォーマンスを保証します。

232 ONEのパフォーマンスを最大化するため、目標となる剛性および強度が、経験、選手からの情報、ラボおよびフィールドの両方で収集したデータに基づいて定義されます。その後、トポロジー最適化により重量が最小限に抑えられます。

.

close
INControl

INCONTROL

もう一度再生
製品に戻る

INCONTROL

オンザフライのダンピング調整

コンプレッションダンピングは、異なるチャンネル(流路)を通って流れるオイルの量によって定義されます。チャンネルが小さいほど、流れ抵抗が大きくなり、ダンピングも強くなります。INCONTROLダンピングには3種類のオンザフライのダンピング調整機能があり、さまざまなチャンネルを開閉することで、すべての走行状況に合わせて完璧なコンプレッション調整が可能です。

InControl

詳細仕様

OPENモードでは、オイルは低速コンプレッション(LSC)チャンネルおよび高速コンプレッション(HSC)チャンネルを流れます。OPENモードでは感度が高く、多くのトラクションが得られます。あらゆる好みに対応するため、調整針を使用してLSCチャンネルを段階的に閉じることができ、それによってLSCを増やし、より硬い感触を得ることができます。

DRIVEモードではLSCチャンネルが閉じます。すべてのオイルがHSCチャンネルを通ります。一定の力がかかるとHSCのシムが開き、その結果コンプレッションダンピングが増加してエネルギー損失が減りますが、凸凹した岩の多い上り坂でのトラクションは維持されます。

LOCKモードに設定すると、スライダーがLSCチャンネルとHSCチャンネルを閉じます。最大の動力伝達が重要になる、平坦な道路での全速力での走行に理想的です。ブローオフバルブがライダーと機材を想定外の衝突から保護します。
OPENモードでは、オイルは低速および高速コンプレッションチャンネルを流れます。OPENモードでは感度が高く、多くのトラクションが得られます。あらゆる好みに対応するため、調整針を使用してLSCチャンネルを段階的に閉じることができ、それによってLSCを増やし、より硬い感触を得ることができます。

DRIVEモードではLSCチャンネルが閉じます。すべてのオイルがHSCチャンネルを通ります。一定の力がかかるとHSCのシムが開き、その結果コンプレッションダンピングが増加してエネルギー損失が減りますが、凸凹した岩の多い上り坂でのトラクションは維持されます。

LOCKモードに設定すると、スライダーがLSCチャンネルとHSCチャンネルを閉じます。最大の動力伝達が重要になる、平坦な道路での全速力での走行に理想的です。ブローオフバルブがライダーと機材を想定外の衝突から保護します。
 

close
LINEAIR

LINEAIR

もう一度再生
製品に戻る

LINEAIR

クロスカントリーに固有のスプリングカーブ

LINEAIRはデュアルエアチャンバーシステムです。エアチャンバーのサイズとバイパスの位置により、クロスカントリーライダーのニーズに応えるためにスプリングカーブの特性を特別に調整しています。トラクションに対する出発抵抗が小さく、直線的でありながらよりフラットなミッドストロークセクションにより、木の根だらけの地面を楽々と乗り越え、勝利に向けてラストスパートをかけることができます。

lineair

Line Airシステムは、エアチャンバーに位置するバイパスで構成されます。このバイパスにより、フォークを完全に展開したときに、ネガティブエアチャンバー内の圧力がポジティブエアチャンバー内よりも高くなります。これにより、出発抵抗が抑えられます。

エアチャンバーのサイズは、中程度のトラベル量で直線的かつフラットなスプリングカーブ特性を生み出すように定義されます。これにより、木の根だらけの地面を乗り越え、勢いを維持することができます。

close
APT

APT

もう一度再生
製品に戻る

APT

APT(Adaptable Progression Tune)システムを使用すると、フォークのエアチャンバー内のボリュームスペーサーを追加または除去することで、エアスプリングカーブの進行を調整することができます。これにより、ライダーは自分のライディングスタイルやトレイルに合わせてスプリングカーブを調整できるようになります。このシステムの長所は、どの設定を選んでも、フォークの柔軟性が影響を受けないことです。

スプリングカーブ

close
Discover the D 232 ONE

D 232 ONE
 

D 232 ONE
 

テクニカルクライムと急な下り坂が交互に現れるクロスカントリーのトラックでは、どちらの傾向にも対処するスキルが必要です。これはライダーのスキルに限った問題ではありません。クロスカントリー専用に開発されたD 232 ONEドロッパーポストは、UPSIDEDROP技術により、超軽量で信頼性が高く、メンテナンスも容易です。D 232 ONEのトラベル量は60 mmで、カーボン製シートクランプとシートチューブにより、重量はわずか369グラム。いつでも出発できます。

軽量、信頼性

軽量、信頼性

もう一度再生
製品に戻る

軽量、信頼性

完全なメカニカルシステムを搭載したUpside Down技術は、D 232 ONEドロッパーポストの軽量構造を実現するだけではありません。シートチューブ外部のリリース機構のために広い設置スペースを設けているので、機能面でも高い信頼性が得られます。スポークが駆動するリリース機構により、ブリーディングの必要がなくなります。

容易なメンテナンス

容易なメンテナン

もう一度再生
製品に戻る

容易なメンテナン

外してグリスアップするだけ。当社のハブで有名なノーツールコンセプトは、新しいD 232 ONEでも採用されています。シートポストやサドルを取り外す必要もありません。スライダーチューブのロックナットを外して上部を取り外し、ガイドキー、ラッチ、ガイドリングにグリスを注入するだけ。5分程度で終わります。

クイックリリース

クイックリリース

もう一度再生
製品に戻る

クイックリリース

クイックリリース機構により、シートポストを簡単に設置できるだけでなく、分解時の手間もかかりません。海外でのレースや探検など、愛車をバイクバッグに収納する必要がある場合に便利な機能です。シフトケーブルの留め金を外すだけでドロッパーを簡単に収納でき、バイクをパッキングしやすくなります。

Discover the R 232 ONE

R 232 ONE

R 232 ONE

R 232 ONEのクロスカントリーに最適化されたLINEAIRスプリングカーブなら、クロスカントリーコースの木の根だらけの地面を乗り越え、十分なラストスパートをかけて、高い段差から飛び降りることができます。INCONTROLダンピングの3点調整システムは、あらゆる状況で完璧なコンプレッションレベルを実現します。LOCKモードは平坦な場所で全速力を出すために、DRIVEモードはテクニカルクライムに。Openモードではダウンヒルでブレーキを開き続けることができます。

INCONTROL

INCONTROL

もう一度再生
製品に戻る

INCONTROL

オンザフライのダンピング調整

INCONTROLは、HSCチャンネルとLSCチャンネルを開閉することでオイルの流量を調整し、それによってコンプレッションを調整します。このため、あらゆる走行状況に設定を適合させることができます。3段階のオンザフライのダンピング調整により、完璧なコンプレッション調整が実現します。Openモードは上り坂に、DRIVEモードはテクニカルなアップヒルに、LOCKモードは平坦な道での全速力に最適です。

INControl

INCONTROLダンピングシステムは、最先端の双方向低速&高速システムに基づいています。ゆっくりとしたコンプレッション動作の間、オイルは無調整式の低速コンプレッション(LSC)チャンネルを通ります。素早いコンプレッション動作時には、オイルは高速コンプレッション(HSC)バルブのオイルチャンネルも通ります。

OPENモードでは、オイルは低速および高速コンプレッションチャンネルを流れます。OPENモードでは感度が高く、多くのトラクションが得られます。

DRIVEモードでは、すべてのオイルがHSCチャンネルを通ります。一定の力がかかるとHSCのシムが開き、その結果コンプレッションダンピングが増加してエネルギー損失が減りますが、凸凹した上り坂でのトラクションは維持されます。

LOCKモードに設定すると、バルブがLSCチャンネルとHSCチャンネルを閉じます。最大の動力伝達が重要になる、平坦な道路での全速力での走行に理想的です。ブローオフバルブがライダーと機材を想定外の衝突から保護します。

close
LINEAIR

LINEAIR

もう一度再生
製品に戻る

LINEAIR

クロスカントリーに固有のスプリングカーブ

R 232 ONEは、バイパスによって自動的にバランス調整されるデュアルエアチャンバーシステムを採用しています。ショックアブソーバーが完全に展開されると、ネガティブエアチャンバー内の圧力はポジティブエアチャンバー内の圧力より高くなります。これにより出発抵抗が減り、完璧なトラクションと感度がもたらされます。ショックアブソーバーが圧縮されると、ピストンがエアチャンバーのバイパスの上に移動します。ピストンがバイパスの上に来ると、バイパスがポジティブエアおよびネガティブエアチャンバーの圧力を均圧にします。ショックアブソーバーがさらに圧縮されると、ポジティブエアチャンバー内の空気だけが圧縮され、負圧チャンバーは減圧されます。

lineAIR

目指したのは、小さい出発抵抗、平坦なトラックのバンプを飛び越えることができるミッドストロークセクション、過剰なボトムアウトを避けるプログレッシブなエンドストロークを提供する、高性能な軽量ショックアブソーバーを設計することでした。バイパスの位置、およびエアチャンバーの容量を通じてこの目標を達成しました。

close
232 one

製品を詳しく見る

F 232 ONE

  • 希望小売価格(米国$) 最低:$ 1078
  • 正味重量 以降 1480 g
製品を見る

R 232 ONE

  • 正味重量 以降 235 g
製品を見る

D 232 ONE

  • 希望小売価格(米国$) 最低:$ 566
  • 正味重量 以降 369 g
製品を見る