MTB用
リム内幅

DT Swissでは、MTB用リムとして20~76 mmの内幅のリムを扱っています。現在人気のあるマウンテンバイク用リムは、通常25~35 mmです。リムの内幅の選択時には何を考慮する必要がありますか?

ワイドリムの開発に伴い、ワイドタイヤも開発されました。しかしながら、タイヤ幅とリム幅が異なるものを自由に組み合わせることはできません。単純に言うと、リムがワイドであるほど、ワイドなタイヤを取り付けられます。考えられる組み合わせの一覧を示します。

 

異なる幅のリムで同じタイヤモデルを使用すると、タイヤの有効断面積とタイヤのサポートが変化します。そのため、最適な運転性能を得るには適切な組み合わせが非常に重要になります。

同じタイヤでも、リム幅が異なると断面積が変わります。

 

タイヤの幅とリムの幅の適切な組み合わせが、最適なタイヤサポートにつながります。タイヤサポートが向上すると、「バーピング」のリスクが減るため、タイヤ圧を減らすことができます。タイヤ圧が下がると、凹凸の地面での転がり抵抗も減少します。空気圧が下がると、タイヤが凸凹の地面にフィットしやすくなり、このような走行条件でのトラクションが向上します。このテーマに関する詳細情報はこちら。

一方、リムとタイヤがワイドになるほど、ホイールの重量が増加します。重量が増加すると、ホイールで加速および回転させなければならない質量が増え、結果的にバイクの俊敏性と加速性能が低下します。ホイールにかかる重量が増えると、バネ下重量も増加します。バネ下重量が増えるとその慣性が大きくなり、コンポーネントの方向転換が難しくなる結果、サスペンションの性能に悪影響を及ぼすことがあります。

通常、リムとタイヤの最適な組み合わせは、お客様の要件と用途に基づいて決定されます。上記の情報は判断の一助としてお役立てください。