MTB用
リム直径

マウンテンバイクにさまざまなホイールサイズがあるのはなぜですか?

現在一般的なホイールサイズ(26インチ、27.5インチ、29インチ)にはそれぞれメリットとデメリットがあります。ホイールが大きいほど、障害物を簡単に乗り越えることができます。ただし、サイズが大きくなると重量が増え、回転質量が増大します。それに伴いバイクの俊敏性が低下します。タイヤとリムの寸法が同じで、空気圧も同じである場合、ホイールが大きいほど地面に対するタイヤの接触面積が増加します。接触面積が大きくなると、トラクションが向上します。

異なるリム直径の接触面積。

 

障害物が同じ大きさだとして、ホイールサイズが大きくなると、ロールオーバー角度が小さくなります。そのため、大きなホイールが起伏のある地面の上を低い抵抗で転がることになり、障害物を乗り越えるために必要な力が少なくすみます。

ほとんどのバイクではホイールサイズを自由に変えることはできません。これは、マウンテンバイクの形状が特定のホイールサイズを念頭に開発されているためです(通常、26インチバイクのチェーンステーは29インチバイクのものより短いなど)。

異なるリム直径のロールオーバー角度。